年齢とともに痩せにくい気がする

どっぷり中年になり(痩せにくくなったなぁ)としみじみ感じる昨今。年齢を重ねると基礎代謝が低下するため、若い頃と同じような食生活でも皮下脂肪がつきやすくなる、というのは知識としては頭の隅にある。何もしなくても生きているだけでカロリーを消費する「基礎代謝」が高ければ、自ずと“痩せやすい体”が手に入る。では基礎代謝を上げるためにはどうすれば良いのか?私の知識ではとにかく筋肉量を増やす、ということ。しかし「酵素」が新陳代謝を上げることで太りにくい体質を作ってくれるというのだ。また“肥満家系”であって骨格や遺伝の部分は否めないが、それはあくまでも長年肥満体型を維持し続けた家族と同じ食習慣であったことの方が原因となっている場合が多いのだという。つまりどんな人でも体が消費できる以上の栄養摂取をして、油物や甘いものを食べ続けていれば太るというのだ。・・・まぁ中には“痩せの大食い”と呼ばれる人もいるが(^^;いずれにしても加齢と共に代謝が低下し、痩せにくくなるというのは自然の摂理なのだ。そこで新陳代謝の良し悪しを左右する「酵素」を意識的に食事から摂り、酵素を無駄遣いしないライフスタイルを実践していくことで“代謝力”を向上させ、太りにくく痩せやすいからだを作るのだ。まぁ言うが易しで、実際長期的に実践していけるかどうかが大きな鍵となることは違いないだろうが・・・。とにかく高齢化が進む今、できるだけ元気に現役で活躍し続けるかどうかは、己の健康状態にかかっていると言っても言いすぎでは無いのではないかと思う。私はというと、間違いなく、痩せではないけど、大食いに入るような気がします。それもタイミングによってすごく食べることもありますし、全然食べないこともあります。腹八分どころではないくらいにこれでもかってくらい食べてしまうんです。筋肉はどんどん減ってるみたいだし、それが良くないと思ってても抑えられない気持ちなのです。ほんとうに情けないと思うな。乳酸菌のサプリもいいなと思うのですが、時々酵素のサプリに乳酸菌が入ってるのもみかける。何かいい相乗効果でもあるのかな。

ページトップへ