乳酸菌のサプリと植物性や動物性は?

今日は酵素ではありませんが、ちょっとは関係あるのかなと思う乳酸菌のことです。毎日ではありませんが、スーパーに行くのですが、何か健康に良さそうなのないかなって最近は見て回ります。あとは美容にも良さそうなのも。普通はそんなことよりちゃんと栄養のある食事を作ることをもっと考えたほうがいいんでしょうけど、それがなかなかできませんでした。面倒臭がりなので、手を抜くことのほうを先に考えてしまうんですよね。気になってたのが乳酸菌飲料とかお腹の調子に良さそうなの。ちょっと胃腸が弱いのか分かりませんが、すぐに体調を崩したときはお腹にきます。ヨーグルトとかラブレ菌の飲料とかいろいろありますが、どれがいいのかなって見てたりします。

乳酸菌生産物質のことも知りたいけど、ちらっと見ても全然意味が分かりませんので、私にはまだ買えないかなという感じですね。乳酸菌のサプリメントもたくさんありますので、どちらがお得なのか、そしてどちらが効果があるのかを知りたいのですが、こればかりは答えが分かりませんね。飲んでみないと分からないのかな。そしてもう一つの疑問です。乳酸菌といえば、菌の種類が一杯あってフェカリス菌だったりビフィズス菌だったりいろんな名前を聞きますが、本当に効果に違いがあるのかってところです。それぞれ発売してるメーカーの紹介なんかをみてると、当然自分のところのが一番ってな感じで書いてますが、それって実験とか何らかの根拠があって書いてるのでしょうか。そりゃそうでないと嘘になりますものね、たぶん本当なんだと信じたいのですが。よく生きて腸まで届くのがいいって聞きますが、どこかのメーカーに聞いてみたら、生きて届くとかというより、たくさんの菌を送り込んだほうがいいってな感じの回答があったような気がします。

分からないことばかりだけど、今の段階でサプリのほうが手間がかからないし、旅行にも持っていけるのでいいかなとは思ってます。また気が変わるかもしれませんがね。それともう一つあったな。植物性乳酸菌というものだ。生きる力が強いなんていわれてますが、ラブレ菌なんかはそれに当たるのかなと思うのですが、果たして効果に差があるのかどうか。いくら調べても分かりませんので、もうこれくらいにしておきます。

ページトップへ